眠りが浅くなってしまう理由について

眠りがどうも浅い、寝た気がしない、日中どうしてもうとうとしてしまうと言う人は意外と多いのではないでしょうか。

睡眠を妨げてしまう要素は実はたくさんありますから、知らないうちに浅い眠りの習慣となっている可能性があるのです。

浅い眠りの改善のためには、睡眠のメカニズムを理解することが大切であり、深い眠りを得るために必要なことを行うことが大切なのです。

メカニズムから理解する

まず、眠りが浅いのは具体的にどういうことなのでしょう。

睡眠は、レム睡眠ノンレム睡眠に分かれているのですが、前者は浅い睡眠、後者は深い睡眠のことを言います。

このどちらも日常生活を維持するためにはとても大切なものであり、欠かすことができないものです。

しかし、熟睡がうまくできない場合には深いノンレム睡眠の時間が足りなくなってしまいます。

心身の回復に必要なものですが、そのために眠気や集中力不足が現れるわけです。

眠りが浅いというのは、要するにノンレム睡眠が不足していると言うことなのです。

深く眠るために

深い眠りにつくためには、リラックスした状態になることが最も大切なことです。

睡眠時には人の自立神経はリラックスした状態になっているのです。

睡眠前にこの状態に近づけることにより、質の高い睡眠が実現できると言うわけです。

睡眠が浅くなってしまうことの理由としては、就寝前でも脳が活発に働く、興奮するようなことをすることです。

意識的に興奮するような行動をしないことによって、深い睡眠を可能とするわけです。

リラックスする工夫を

具体的には、睡眠4時間前の食事就寝1時間前に熱い、または冷たい飲み物を飲む、カフェインが含まれたものを飲む、仕事帰りに強い光を出すところに寄る、など注意しましょう。

さらに就寝前に携帯などを見る、頭を使う活動をする、平日と休日との睡眠時間に差がある、起床時間が一定でない、運動をしない、朝に太陽光を浴びないなは避けましょう。

こうしたところに心当たりがある場合、これらの行動を一度制限してみるといいでしょう。

これらの原因を取り除いてみるだけでも深い睡眠を取ることができる可能性が高くなります。

できるところから始めよう

質の良い睡眠のためには、就寝前に寝ているときに近いリラックス状態を作り出すこと、睡眠時の環境を快適に整える、生活リズムを整える、自分にとって適切な睡眠時間をとるといったことを意識してみるといいでしょう。

日頃からの生活習慣があって、なかなか解決させることが難しい部分もあると思いますが、できることは必ずあるはずですから、まずはそこから始めてみるといいでしょう。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク