音楽は睡眠改善に役立つか

近年、どうしても眠れないという場合において、睡眠薬や睡眠導入剤を処方してもらっている人が増えているとのことです。

睡眠薬と言うと、危ないという人が多かったわけですが、ここ最近の睡眠薬は重大な副作用が改善されたことによって、手軽に使える薬として浸透しつつあるのです。

ただ、依存症などの問題はいまだに解決されていないわけですが、それでも正しい処方を守れば睡眠にとって大きな力になってくれます。

薬を使わないで入眠改善

そうした現代にあって、睡眠に対して効果的な音楽があるということも言われています。

寝つきが良くなる音楽ということで販売されていることも多く、ヒーリング効果があるとされているわけですが、果たして本当に音楽は睡眠改善の効果があるのでしょうか。

音楽の持つ力

まず、音楽で眠くなるのかということについて考えてみましょう。

実は、睡眠の45分前に穏やかな音楽を聴くことによって、長く質の良い睡眠を得られるというデータがあります。

画期的な発見としては、音楽を毎晩繰り返して寝るだけでも、その音楽を聴いて寝ることができることが判明しています。

自分が好きな音楽を導入するだけでも、気持ちよく眠れる習慣が身に着くと言うわけです。

リラックス効果が眠りを誘う

音楽が持っている眠くなる効果についてですが、これはリラックス効果によって心身をリラックスした状態に持って行くことができるため、音楽のリラックス効果によって睡眠にとって最適な脳にスイッチすることができるのです。

よく、α派が出ている音楽というものがありますが、これは音楽にα波が含まれているというわけではなく、音楽を聴いてリラックスすることでα波が作られるというものです。

どんな音楽が効果的か

では、リラックスを得るためにはどのような音楽を聴いたらいいかということです。

リラックスするためには、自分にとって安心を得られる音楽であること、毎日繰り返して聴ける音楽であること、1時間以上収録されているものであることがリラックスを得るために期待できるものです。

当然ですが、落ち着ける音楽は人それぞれですから、これを聴いてはいけないといった決まりは特にありません。

激しいロックが好きという人もいますし、環境音のようなものの方が寝られるという人もいます。

色々と試してみるのもいいでしょう。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク