睡眠と血糖値

血糖値という話になると、食事に注目することが多いのですが、実は睡眠に着目することも大事です。

寝ることと血糖値は、実はとても関連性が深いのです。

心と体の疲れを取ることが役割として大きなところがあるのですが、実は血糖コントロールの役割も持っているのです。

血糖値が2.5倍にも

睡眠不足は血糖値を上げてしまうという認識を持っておくことが大切です。

一日に7時間から8時間睡眠を取っている人と比べても、睡眠時間が5時間ほどと言う人は血糖値が2.5倍ほどに増えてしまうことが研究成果として明らかになっています。

ですが、睡眠を多く取ることが大切であると共に、睡眠の質を上げることも大切となるのです。

快眠を妨げるものをを排除する

では、質の良い睡眠を取るための方法ですが、不眠が血糖値を上げるため、安眠の邪魔をするものは排除することを考えることが大切となります。

例えば、就寝前の熱いお風呂就寝前の飲酒カフェイン摂取ゲームや音楽観賞などをしているのならば、本人が意図していなくても睡眠の質を自ら下げていることになってしまいます。

快眠のため改善する努力を

そもそも生活習慣が乱れていることも睡眠の質を下げることの原因となってしまいます。

特に、何も気にしないで生活をしていると、どうしてもどれかにほとんどの人が該当してしまいます。

一気に改善が難しいのならば、どれか一つずつでも改善をさせていくことが大切です。

それによって、少しずつでも睡眠が楽になっていくはずです。

無理のない範囲で行っていくことが、睡眠改善において失敗しないポイントです。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク