睡眠改善に大事な栄養について

睡眠改善をするために考えたいことは色々ありますが、栄養に関しても意外と気を付けたいところがあるのです。

特に不眠症で悩んでいる方はしっかりと栄養を摂ることを考えたいものです。

朝こそ炭水化物を

活動のために必要な炭水化物は、できるだけ朝食で摂ることを考えて、夕食時はできるだけ少なくするといいでしょう。

そうすることによって、肥満も防ぐことができます。

夜遅くに炭水化物を摂りすぎると、皮下脂肪として蓄えられてしまうのです。

睡眠ホルモンをつくる食べ物

睡眠を促すために必要なメラトニンの原料になるのがトリプトファンと言うタンパク質です。

これを補給するためには何を食べるといいのでしょうか。

これは実は人間の体内で作ることができないため、食べ物から吸収する必要があるのです。

ただ、トリプトファンは多くのタンパク質製品に含まれているものですから、何も珍しいものを食べないといけないようなこともありませんし、米や豆類に普通に含まれているものなのです。

ですから、とにかく何かしら食べることも重要です。

鎮静作用のある成分

カルシウムも重要なもので、神経の興奮をしずめて気持ちを安定させてくれる効果があるのです。

この働きをするのは、骨にあるカルシウムではなく、血液に含まれているカルシウムのことです。

カルシウムは神経の興奮を抑えると共に、ホルモン分泌を促進するという働きも持っているのです。

ですから、睡眠の質を上げてくれますし、不足すると不眠症の原因になってくるわけです。

カルシウムは小魚や小松菜などに含まれており、ビタミンDなどと一緒に摂ると効果的とされています。

これ以外にもビタミンB群も効果的で、精神を安定させてくれる生理作用に欠かすことができないものです。

レバーや豚肉、牛乳やサンマ、マグロなどを摂るといいでしょう。

サプリメントも活用して

もしも食事に関して不安要素があるのならば、こうした栄養素が豊富に含まれている睡眠改善用のサプリメントを服用するのも一つの手です。

ただし、あくまでも食べ物から栄養を摂取することを意識することが大切となります。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク