うつぶせと睡眠改善

うつぶせに寝ると気持ちがいいことから、うつぶせになってしまうことはないでしょうか。

意外とこういう人は多いでしょうが、実は寝るときにはうつぶせは避けた方がいいとされています。

骨格の歪みや腰痛、顎関節症に繋がることがあるようです。

では、寝るときの姿勢はどのような感じにするのがいいのでしょう。

ここでは、うつぶせを含めた寝るときにしてはいけない姿勢について紹介します。

胸を圧迫してしまう

寝るときにやってはいけない姿勢の一つにうつ伏せがあります。

睡眠時無呼吸症候群の人にこの姿勢が多いです。

いびきをかきたくないから…という理由からくるものなのですが、胸部に対して強い負担をかけてしまうことになります。

結果的に胸部を中心として骨格の歪みが起こることになるわけです。

血流によくない姿勢

横向きひじ枕をして寝ることも実はダメとされています。

これはどうしてかと言いますと、血流が悪くなる可能性があるのです。

また、時間の経過と共に脚や腕にしびれが出ますから、それをきっかけにして目が覚めてしまって眠りが浅くなることも考えられます。

いびきが出るような姿勢

口を開けて寝るということもいいますが、これが原因でいびきをかいてしまうという場合もあります。

また、枕が高すぎるというのも困ったもので、気道がふさがれてしまことにより、呼吸がしにくくなることの原因にもなってしまいます。

それから、両手を組んで胸やお腹の上に置いて寝る人もいますが、これもやめた方がいいのです。

寝るときは意外と落ち着くため、この態勢がいいと思っている人も多いのですが、実は呼吸がスムーズにいかなくなることがあります。

そうすると交感神経の刺激を誘い、眠りが浅くなってしまいますし、悪夢を見ることも多くなってしまいます。

理想的な寝姿勢

では、どの寝方がいいのかについて考えてみましょう。

寝るときは横向きの寝方が良いとされています。

特に睡眠時無呼吸症候群や妊娠している人に向いているとされています。

そうでない人の場合は、手足を自然に開く寝方が理想的とされています。

この寝方の場合、血液が無理なく全身を回ることから寝つきも良くなります。

もしも寝つきで困っているのならば、大の字で寝ることを少しだけ意識してみるといいでしょう。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク