運動は睡眠改善に大切

なかなか良く眠れないというときに大切にしたいのが適度な運動です。

屋外での運動は意外と大切なもので、特に朝の散歩夕方の軽い運動を行うことにより、良い睡眠を得ることができる確率がアップします。

まずは軽く

朝に光の刺激を受けることにより、身体は活動開始のタイミングにセットされます。

いきなりの運動は身体に負担がかかりますから、ラジオ体操などが望ましいでしょう。

夕方の場合、人間は寝る体制になっていくわけですが、運動をしていくと体の表面の血行が良くなることにより、良い睡眠を得られることに繋がります。

また、運動による適度な疲労感、ストレス解消の効果もあるため、睡眠にとっていいことが多いのです。

週に2~3回でOK

では、運動の回数はどれくらいがいいのでしょう。

これは毎日ではなくとも、週に2回から3回の運動習慣を身に着けることによって、生活のリズムが整ってきますから、特に毎日やると、この日は絶対にやろうといった制限を付ける必要はないでしょう。

そうすると反対にストレスになります。

もし運動ができないという場合は、寝るちょっと前にぬるま湯のお風呂にゆっくりと時間をかけて入るようにすることで、運動をしたときと同じように深部温度が下がります。

これによって熟睡を誘う効果があるのです。

寝る体制にもっていくこと

寝るときの環境も大事ですが、身体も寝る体制に持って行くことを考えたとき、適度な運動が大事ということが分かるでしょう。

睡眠改善ナビには、寝る前にできることがたくさん紹介されていてとても参考になります。

寝る前に何も考えてなかったという方も、是非とも試してみて欲しいですね。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク