睡眠とエアコンの関連について

熱い夏の夜には、夜になっても気温が下がらないことから寝るのにはとても不快な環境であると感じることも多いでしょう。

こうなると質の良い睡眠は取れませんし、睡眠改善にもなりません。

では、どのようにして質の良い睡眠を取ったらいいのでしょうか。

こうしたときにはエアコンを上手に使うことが効果的です。

エアコンと言ったら、身体に良くないとか言われることもありますが、基本的に使い方の問題です。

最近のエアコンは静かですし、多くの機能がついていますからそれらを使いこなしてあげればいいのです。

ヒトは体温が変化する

エアコンを使う前に人間の体温の変化について知っておくといいでしょう。

人間の体温は、病気でなければ常に同じと言うわけではありません。

24時間周期で変化しているものです。

人間は恒温動物ですから、ある程度温度を一定に保つ機能はついていますが、環境に応じて体温は変わるものです。

体温が最も高くなるのは夕方から夜の時間帯で、入眠時刻にはかなり体温は高くなっています。

ですから、夏の寝る前は息苦しく感じるわけです。

寝る前は体温が下がっていくように

眠り始めると、人間の体温は低下していくもので、下降の割合が急激であればあるほど深い眠りが得られるというデータもあります。

寝る前に少し熱めのお風呂に入ることで良く寝られるというところもあるようです。

ちなみに、エアコンを使うと起きたときに寝た気がしないという人もいますが、それはずっとエアコンをつけているからです。

寝る前には暑いと感じていても、寝ている間に体温は下がります。

そこにさらにエアコンの寒気が来ると体温がさらに低下してしまい血行が悪くなります

血行が悪くなると、睡眠の質も低下してしまいますし、取れるはずの疲れも取れないというわけです。

エアコンはタイマーで賢く

寝るときにエアコンを使うのであれば、タイマーを上手に使って、寝るときに快適な気温をキープして、起きるときにはすでに止まっているという状態が望ましいです。

また、起きる時間帯の少し前にエアコンを起動させるような設定をすると快適に起きることができるでしょう。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク